執筆実績はこちらから

AAAMYYY “HOME”

AAAMYYY – HOME [Official Music Video]

 

コロナ禍の外出自粛により大切な人たちとの繋がりを強く感じられる2020年、AAAMYYYがSUUMOによるショートフィルムのために書き下ろした”HOME”は目には見えない絆を再確認させてくれる。

AAAMYYYといえばエレクトロポップの印象が強い。しかし、本作ではギター、ベース、ドラムを中心としたオーセンティックなバンドサウンドがベースで、友人や恋人、家族の間にいつの間にか築かれていく暖かな「帰るべき場所」が表現されている。ギターにはMONO NO AWAREから加藤成順が招かれ、曲を繊細で柔らかな空気で包むような、カントリーを思わせるアルペジオが優しい気持ちを与える。Tendreのベースはワウが薄くかかった音色で、前には出てこないながらもシンプルな構成にアクセントが心地いい。エレクトロな打ち込みではなく、芯があるドラムはSANABAGUN.から沢村一平が担当する。

エレクトロな音楽では表現しきれない温かみは、人が演奏した音で構成された生々しさがあるからだろう。AAAMYYYのライブはバンドセットで行われ、前作の”Body”のリリース後、精力的にライブやフェスに出演する中で培ったバンドサウンドの生々しさが”HOME”に表現されている。「家族みたいに繋がっている」と、ストレートで強く響く言葉で大切な人への愛情とつながりを歌い上げるが、サウンド面にもAAAMYYYが作り上げて来た絆を感じられる。歌詞がダイレクトに大切な人とのつながりを歌い上げているからだけではなく、バンドでのレコーディングによる音の生々しさ、そしてAAAMYYYとメンバーの絆が柔らかな気持ちを思い出させてくれるのだ。