サイケでカオス、でも心地いいサウンド Tempalay “どうしよう”

Tempalay "どうしよう" (Official Music Video)

 

今年一番気に入っている日本の若手バンドはTempalayかもしれない。サイケでカオスな世界観を絶妙なバランスで表現しながら、昨今のシティーポップの流れをくむ爽快感が気持ちいい。

9月26日にリリースされる新アルバム『なんて素晴らしき世界』のリード曲”どうしよう“をご紹介。MVも相まってクセになる素晴らしい曲だ。

サイケで不気味、だけど心地いい世界観

不穏な雰囲気を醸し出すギターとメロデイーから曲は始まるのだけれど、すぐにエモーショナルで心地いい浮遊感に包まれる。

個人的には「エンディング感」が感じられる気がする。サビのコード進行のせいなのか、それともクリーンなギターが鳴らすアルペジオなのか…

同時にMVのクオリティも非常に高い。Tempalayのカオスでサイケでめちゃくちゃな世界観とぴったり合っている。

今回MVの制作を手掛けたのは”perimentron(ペリメトロン)“だ。僕も不勉強で知らなかったんだけど、2016年にKing Gnu常田大希氏が音楽レーベルとしてスタート。その後メンバーが集まり出してクリエイティブとして活動をスタートさせた。

例えばKing Gnuの”Flash!!!“のMVはperimetronが制作している。

King Gnu – Flash!!!

サイケでマッド、カラフルな作風はTempalayの音楽性にピタッとはまっている。

ストーリーがあるかどうかも怪しいMVだけれど、なぜか見入ってしまう。よくわからないけれど、音楽と映像に没頭してしまう不思議な魅力がある曲だ。心地よ過ぎてトリップしてしまいそうだ。

僕は断言するのが苦手だけれど、これだけは言い切る事ができる。Tempalayは日本で一番いいサイケを鳴らしているバンドだ。もっと大きなバンドに進化してほしいと思う。

サイケといえばTame Impalaだよね

世界を見渡せばサイケデリックなロック・ポップを鳴らしているバンドが沢山いるけれど、やっぱりTame Impalaは格別にいい。

きっとTempalayしか聞いた事がなかった人でも、Tame Impalaのサイケでトリップしてくれると思う。ぜひ聴いてみてほしい。

サマソニの余韻がまだ残ってる。Tame Impala “Yes, I’m Changing”