サマーソニック2018でTame Impala(テームインパラ)のサイコーなライブを目撃した

サマーソニック2018のソニックステージでTame Impalaのこれ以上ないステージを目撃した。
言ってしまえば「素晴らしい。」その一言に尽きるのだけど、Tame Impalaを観たときに感じた「素晴らしい音楽に触れた時の気持ち」を残しておこうと思う。

セットリスト

NangからLet It Happenで幕開け

Tame Impala – Let It Happen (Official Video)

「1曲目はLet It Happenかな〜」なんて思いながら開演を待っていた。

最近の彼らのセットリストを見ている限り「Nang→Let It Happen」の流れてライブがスタートすることが多かったからだ。

シンセサイザーフィードバック音からイントロのフレーズが勢いよく始まるあの「幕開け」感がたまらなく気持ちいい。だから個人的に”Let It Happen“で始まってほしい気持ちはあったのだけど。

しばらくすると会場が暗くなり、怪しげなグリーンの発光体が黒いスクリーンの中で縦横無尽に暴れ出す。

「おおいよいよいだな・・・!」とワクワクしていると、メンバーが登場。歓声の中、ゆるゆるとした雰囲気で”Nang“を演奏し始める。

これは!もしかして!”Let It Happen”来る!」と余計に気持ちが高ぶる。僕はTame Impalaを観るためだけにサマーソニックのチケットを取ったと言っても過言ではないから尚更。

僕の気持ちが頂点に達したときあのシンセサイザーのフィードバック音が。

「Let It Happenだ!!!」

つい喜びのあまり飛び跳ねてしまった。

テンションあげながら演奏を頼みながら感じたのは、思いの外落ち着いたBPMでの演奏だった、ということだ。以前のライブよりも慎重な印象を受けた。

なおさら同じフレーズのリピートでトリップしていく「サイケデリック」な雰囲気が強調されていた気がする。

人目も憚らず初っ端から踊り「レリハプ〜ン、レリハプ〜ン」とシンガロング。これは最高のスタートであり、最高のライブになることが約束された瞬間だったなぁ。

Mind Mischief→Elephant

Tame Impala – Elephant (Official Video)

NangLet It HappenThe Momentと”Currents”の曲が続いた。

「ここらで1stか2ndから演奏しないかな、Mind Mischiefが聴きたいな」なんて思っていたらズバッとMind Mischiefのファジーでロックなギターフレーズが。

ボーカルギターのケヴィンがしっかりとギターを弾くイメージがなかったのだけど、彼のギターもクールだった。立ちボーカルなイメージ強い。

Mind Mischiefに続いて、現代のサイケロックの頂点(だと僕は思っている)の曲”Elephant“を立て続けにぶちかます。

一緒に見たツイッターのフォロワーの方とも盛り上がったのだけど、この”Elephant“が圧倒的にクールだった。

実は2016年の単独来日のライブを見たときも”Elephant“がめちゃくちゃにクールで「サイケデリック」と「ロック」を掛け合わせてこんなにも踊らせる曲があるもんか!と思っていた。「さすがにあのライブを超えることはないよな」なんて思っていた。

今回の”Elephant“は前回を余裕で超えてきた。アレンジ?が加わっていたし、演奏に深みが出ていた。きっと安易に取り入れるとダサくなりかねない「ロックンロール」なフレーズを、ケヴィンのフィルターを通すことでサイケでポップに鳴る。奇跡である。

Yes, I’m Changing→The Less I Know The Better→Eventually

TAME IMPALA – Eventually

サイケロックから一転、”Yes,I’m Changing“で壮大なエモーショナルタイムに。

テームインパラが素晴らしいバンドである理由の一つに「音楽性の振り幅が広いけれど、全部テームインパラらしい曲になっちゃう」ところだと思う。

The Less I Know The Better”はベースフレーズが印象に残り、サビに入った瞬間にパッと目の前が広がるような爽快なメロディー。

僕はなぜかシンガロングしながら聴いてしまった。お気に入りの曲だ。

気持ちいいミドルテンポな曲の次には”Eventually“だ。スローなサイケで「多幸感」という言葉をダイレクトに表現した曲だ。

「多幸感」なんていうとちょっと安っぽく聴こえてしまうかもしれないのだけど、音が完全に身体を包んで、会場全体が一つの生き物みたいに感じられる瞬間を作り出していた。

文字にすると全然よくわかんないのだけれどサビの「イベンチュアリ〜あ〜あ〜あああ〜」と歌うところ、多幸感の塊だ。手をあげて全力でシンガロングした。

余談だが「アーティストの歌を聴きにきてるんだから観客が歌うな」なんていう人もいるけれど、僕はみんなでシンガロングした方が楽しいと思う。だって心から楽しんでいたら考える前に声が出ちゃうんだから。

Alter Ego→Apocalypse Dream

Tame Impala – Alter ego

ここで1stアルバム”Inner Speaker“タイムだ。

1stの曲をあまりライブで演奏しなくなってから久しいけれど”Alter Ego”は他のフェスで演奏しているのを事前に確認していた。

するとケヴィンが「次はAlter Egoという曲です」と言って演奏を始めた。テンション爆上がりである。

この曲、サイケなんだけどダンスミュージック的なマナーを用いておりとにかく気持ちいいサビ?をリピートしまくる。だからとにかく踊れる。無我夢中で身体を動かし、周りを見ると同じような人たちだらけで「あぁみんな楽しんでるなぁ、僕も楽しいよ」なんて思いながら音を楽しんでいた。

そしてApocalypse Dreamだ。少ないけれど1stから好きな曲を演奏してくれてとても嬉しかった。今度は単独でもっといろんな曲を聴かせてほしい。

Feels Like We Only Go Backwards→New Person, Same Old Mistake

Tame Impala – Feels Like We Only Go Backwards

多分みんなが待ち望んでいたんじゃないだろうか。”Feels Like We Only Go Backwards“だ。

この曲はみんなでシンガロングすればするほど気持ちよくなれる名曲であり、とにかくエモーショナルな気持ちになれる大好きな曲だ。きっとテームインパラをよく知らない人でも、馴染みやすい曲だからぜひ一度聴いてみてほしい。

どこまでも行けそうなぐらいトリップしてしまった。きっとあの場にいた人はみんな同じ気持ちだったんじゃないだろうか。

そして最後は”New Person, Same Old Mistake“。これを最後に持ってくるのか!と最近のテームインパラのセットリストを見ながら思っていたのだけど、やっぱりこの曲だから最後素晴らしいまま締めくくられた。怪しげなリフがリピートされつつも最後はトリップするような音の重なり。

曲中2回も紙吹雪が飛び交う素晴らしいフィナーレだった。

テームインパラはサイケでポップで素晴らしいバンド

テームインパラのおかげで素晴らしい夏を過ごすことができた。
以下、僕の気持ちです。期待値がそもそも高かったのに、それを軽く超えてくるこの上ないライブだった。

これをきっかけにテームインパラをもっと聴き込みたくなったし、新譜への期待値がさらに高まった。でもテームインパラはきっと日に日に高まる期待値すら飛び越える素晴らしいアルバムを届けてくれるのだろう。

単独来日公演を待っている!

Tame Impalaについてもう少し知りたい方はこちらから

サマソニ出演!Tame Impala観るなら押さえておくべきおすすめの5曲

有名どころの曲はこちらから。

【Music Heads Vol.4】酔い覚ましの散歩中に聴くとエモい。Tame Impala(テーム・インパラ)

エモーショナルな名曲、”Feels Like We Only Go Backwards”はこちらから。