踊ってばかりの国 “ghost”

踊ってばかりの国『ghost』Music Video(2019)

圧倒的だ。とにかく圧倒的。

私的「2019年現在一番ロックンロールしてる日本のバンド」こと踊ってばかりの国”ghost”のMVが公開された。

曲は踊ってばかりの国らしい”危うさを含んだ美”がこれでもかってぐらい表現されている。MVはスローで無音、曲が始まるまでの前振り、サビの高揚感を殺さず生かす映像が美しい。

MVの監督は山田智和氏。水曜日のカンパネラサカナクション、そ紅白にも出場したして米津玄師の”Lemon“などのMVも手がける売れっ子だ。

引く手数多の山田智和氏が

“この音楽を、このバンドを今撮らないといけないと思いました。平成の最期に、新しい希望を世の中に送り込みたい、そう願って撮影しました。”

とコメントを残すほどの日本のバンドが踊ってばかりの国なのだ。まさに”ghost“は希望だ。

美しさと危うさ

散々過去の記事でも書いてきたのだけど「美しさと危うさ」をどちらも兼ね備えたバンドだと僕は思う。

その魅力と狂気が存分に出た曲が”ghost“だ。ディレイなどのエフェクトを使ってアンビエントに少し長めのイントロで惹きつけたあと、踊ってばかりの国らしい疾走感のあるギターで曲は幕を開ける。

大晦日の渋谷はスクランブル交差点に、ギターを担いでゆっくり歩くギターボーカルの下津氏。封鎖されて車も通らない車道を歩きながら曲は静かに進行していく。

2番に入る頃には2019年の始まりに浮かれる観光客の外国人の間にギターで弾き語りながら脇を見ることなく、周りに誰もいないような自然体で歌い続ける。

曲の美しさと、今にも壊れてしまいそうな危うさが見事に表現されていると思う。

「新しい希望を世の中に送り出したい」

なんというか、踊ってばかりの国のことに誰も気がついてない雰囲気がたまらなくいい。

周りにいる人たちも「愉快な若者がギター弾き語りながら歌ってるな、楽しそうでいいやん」ぐらいの認識だろう。

きっと世の中の認識だってそう。踊ってばかりの国は10年ほどキャリアのあるバンドだけど、これまで爆発的に売れることはなかった。音楽好きの中では間違いなく「本物のバンド」として認知されているだろうけれど。

こんなに触れたら爆発するような危うさの瀬戸際で、美しくってエモーショナルなロックを鳴らすバンドを希望と呼ぶなら、世の中に送り出されるべきだ。

きっと誰にも気が付かれずスクランブル交差点の人混みの中で歌う様子は、世の中がまだ気がついていない希望である表grんなんだろう。みんな早く気がついて欲しい。踊ってばかりの国は希望だ。

踊ってばかりの国はこちらの記事でも紹介しているよ!

個人的に一番好きな曲”!!!”を紹介している。もっとサイケで、レゲエ的なゆったりしたリズムが好きならきっと気に入ってくれるはず。

暖かなエモさ。踊ってばかりの国 “!!!”