チルタイムにはこの曲。Fazerdaze “Little Uneasy”

Little Uneasy – Fazerdaze
チルタイムにぴったりなローファイなドリーミーなポップ。Fazerdaze(フェザーデイズ)“Little Uneasy”をご紹介。
2017年にリリースされると瞬く間に音楽ファンの間で人気が高まり、2017年9月には来日ツアーを実現させたニュージーランド人Amelia Murray(アメリア・マリー)のソロプロジェクトだ。

ベッドルームで一人作り上げたDIYな姿勢を感じる音楽から「ベットルームポップ」なんて言われたりするような、程よく力が抜けた、のんびりとした曲調。

MVではアメリア自身がスケートボードでのんびり道路を行く。映像と音楽がピタッとあっている。

音楽を聴くことって案外精神的な体力を使う。重めな音楽とか、シリアスな曲って「かっこいいけど今聴くのはしんどいな・・・」と思うことってあると思う。

“Little Uneasy”はいつでも聴ける。気分が落ち込んだときだって、仕事で疲れたときだって、飲み会の帰りだって、すっと自然に耳に流れ込む。

特に「精神的・体力的にへとへとになって家に帰ってきたとき、一息つくためにビールを飲む」ときに聴いてみてほしい。チルタイムにぴったりな音楽だ。

Fazerdazeについてもっと深く知りたい方はこちらから

【Music】NZの宅録ベッドルームプロジェクト、Fazerdazeが良すぎるのでみんなに聴いてほしい
以前にFazerdazeにまとめた記事はこちら。ライブを観に行ったんだけど、本当に素敵なライブだった。サイン会で少しだけ彼女と話す機会があったのだけど、とにかくまっすぐで本当にいい人だった。ぜひ彼女のことを知って、音楽も聴いてほしい。