ARCTIC MONKEYSの新譜”TRANQUILITY BASE HOTEL AND CASINO”ポップアップショップに行って来た

5月11日(金)、本日はイギリスはシェフィールド出身の4ピースロックバンドであるARCTIC MONKEYS(アークティックモンキーズ)のニューアルバム“TRANQUILITY BASE AND CASINO”(トランクイリティ・ベース・ホテル・アンド・カジノ)のリリース日である。

TRANQUILITY BASEとはアポロ11号が月面着陸した場所の名称。そしてTRANQUILITY BASE HOTEL AND CASINOという架空のホテルをテーマにアルバムをリリースしている。

www.youtube.com

間違いなく2010年代を代表するアルバムとして後々振り返ることになる。圧倒的に色気をまとって、セクシーなアルバムは他には見たらない。R&Bやヒップホップ的な要素すら感じるトラックや音数を絞った曲たち。たまらない。

そしてこのTRANQUILITY BASE HOTEL AND CASINOのリリースを記念して、彼らの地元であるシェフィールド、シドニー、ニューヨーク、パリなど主要6都市でポップアップイベントを開催している。アジアでは東京だけ、渋谷のKOE HOTEL TOKYOで5/11~13でポップアップショップの展開がある。

f:id:zawazawamn:20180511192345j:plain

hotel koé tokyo | cultureより引用

高校生の頃から聴き続けている結構なファンである僕はもちろん行って来た。ついさっきのことである。

会場の様子がどんな感じだったか、ショップには何が置いてあるのか、などを書いていきたい。

KOE HOTELに到着

f:id:zawazawamn:20180511193120j:plain

5月11日(金)の夕方18時半ぐらいにKOE HOTEL TOKYOに到着。

ポップアップショップが行われている!行かなきゃ!ぐらいの条件反射で来てしまったため、よく調べていなかったのだけど「限定ショッパー」のプレゼントがあるらしい。

f:id:zawazawamn:20180511193422j:plain

KOE HOTELの入り口から入ると、すぐ右側に展示品がある。

そこにもちろん商品も並んでいるのだが、展示品だそう。

f:id:zawazawamn:20180511193640j:plain

取り扱い商品の内容は以下の通り

レコード 3,500円

CD 2,550円

トートバッグ 1.800円

キーホルダー 1,000円

カセットテープ (値段メモ忘れ)

ポスター 1,600円

この辺のポスター、毎回欲しくなるのだが持って帰るのが億劫でやめてしまった。

でも額に入れて飾ればクールだな、と思う。

f:id:zawazawamn:20180511194330j:plain

f:id:zawazawamn:20180511194452j:plain

商品自体は階段を上がった2階の売り場で購入できる。

レジ前の一角で展開されていたのですぐ見つかるはずだ。

僕が買ったもの

f:id:zawazawamn:20180511194740j:plain

レコードとキーホルダーを購入。レコードにはゴールドヘビーウェイトヴァイナルで、16ページのブックレットが付いてくる。そしてダウンロードコードまで。何をダウンロードするのか確認するのを忘れてしまったが、音源などをダウンロードできるのだろうか。何れにしても楽しみである。

キーホルダーは光が反射して見えずらいが、僕が買ったのは黒。色のバリエーションとしては、あと白と緑があった。価格的にも書いやすいので、記念に買って置くにはちょうどいいかもしれない。

ちなみに、先着500名がもらえる「限定ショッパー」もゲットできた。

KOEのショッパーの中に、限定ショッパーを入れてもらったのだがなんだか変な感じだった。ショッパーがノベルティって珍しい。

f:id:zawazawamn:20180511195532j:plain

最後に

ポップアップイベントは今週末のみの開催である。

ぜひアルバムを聴きながら会場に向かって、レコードを買ってみたりするのはいかがだろうか。

会期 5/11(金)~13(日)

会場 KOE HOTEL TOKYO

また11日(金)~12日(土)は元スヌーザーの田中宗一郎氏などのDJパーティもフリーエントランスで開催される。

僕は今から行ってくるのだが、時間がある方はぜひ参加するのもいいだろう。

とにかくアークティックモンキーズの新譜”TRANQUILITY BASE HOTEL AND CASINO”は名盤である。会場に足を運ぶことができないにしても、一度聴いてみて欲しい。