sleepyhead

ファッション/音楽/英語について書いていきます。

趣味と英語を組み合わせよう。一人でも簡単に出来るアウトプットのアイデア3つ。

f:id:zawazawamn:20180414145438p:plain

 

こんにちは、Sleepy head(@SleepyHead_blog)です。

 

先日「趣味と英語を組み合わせて楽しく英語学習を継続しよう!」という趣旨の記事を書きました。

 

趣味と英語を組み合わよう。楽しく英語学習を続ける具体的な3つのステップ

 

前回の記事は「インプット」部分にフォーカスしていました。

 

f:id:zawazawamn:20180413183706p:plain

 

以下の3点を主について、僕が取り組んで来た学習方法を具体例として紹介しながら解説しています。

 

  • 情報収集に英語を取り入れること、
  • 趣味と英語学習をどのように組み合わせるか
  • インプットをより効果的に活かす方法

 

インプットしたもの以上のアウトプットは望めません。できるだけたくさん単語やフレーズなどを覚えておくのは、英語を話すこと上でとても大事。

 

そして今回は「インプット編」の続編です。この記事では「一人でもできるアウトプット」について「話すこと」にフォーカスしてご紹介していきます

 

f:id:zawazawamn:20180413183650p:plain

 

「一人で出来るアウトプット編」として、頭にインプットした 英単語やフレーズを「会話で使いこなせる」ようにアウトプットして行くステップをご紹介します。

 

 

英語を話せるようになるには、ひたすら話すしかない

 

f:id:zawazawamn:20180413202857p:plain

 

具体的なステップに移る前に、アウトプットの重要性について。

 

もしあなたが「英語を話せるようになりたい!」と思う時、まずやるべきことってなんでしょうか。

「単語を覚える、文法も間違えないように、あと口語的な表現なんかあったら自然に聞こえるかな・・・?」と、考える人が多いかもしれません。実際、過去の僕もそうでした。

 

しかし、これは僕が思う正解ではありません。

仕事で英語を使えるレベルまでになった今思うことは「英語を話せるようになるには、ひたすら話すしかない」ということです。

元も子もない話なのですが、いくら単語を覚えたところで、口から声に出して使わない限り「ただ頭の中で理解しているだけ」の知識

何度も何度も声に出してみて、会話で使ってみて初めて「会話で使える英語」にアップデートできます。つまり「英語を話す機会を最大限作ること」が英語を話せるようになるためのキーポイントと言えます。

この記事で取り上げる「アウトプット」の定義は「声に出して英語を話すこと」です。

 

ではアウトプットの機会を最大限作るために、何が出来るのでしょうか。

 

 

一人で出来るアウトプットのアイデア

 

日本に住んでいる限り、基本的には日本語さえ話せればなんの不自由もありません。

高校や大学でも、英語の授業はあるけれど、実際に英語を話すことってほとんどありませんよね。多くは大学受験用の詰め込みです。(これはこれで必要なインプットだと思いますが)

 

何が言いたいかというと、日本人として日本で暮らす限り「英語を話す=アウトプットする機会」は自分で意図的に作って行かない限り、ほとんど無いということです。

日本で生活しながら英語を学習するには、自ら英語を使う機会や環境を作りあげていかなければなりません。せめて自分の周りだけでも英語で囲む必要があります。

 

しかし勉強したフレーズを使って練習するために英語で会話したい!と思っても「相手」が必要。毎日英語を話したいと思っても、話し相手を見つけることが困難です。

そこで、アウトプットの機会を最大限作るために「一人でも出来るアウトプット」のアイデアをご紹介していきます。

 

アイデア①英語で独り言

 

f:id:zawazawamn:20180413202638p:plain

 

部屋で一人ぼーっとしているときに、ふと独り言が出たりしませんか?

一人暮らしをしている方ならお分かりいただけるかな、と思います。

 

「お腹減った」「このテレビ面白い」「明日の予定確認しなきゃ」などなんでもいいのですが、独り言を英語にしてみましょう。

しかもごくごく小さなアウトプットですが、こういった日常的でカジュアルな表現ってなかなかテキストで学ぶ機会がありません。

簡単そうに見えても、案外英語にするのは難しい。「明日の予定確認しなきゃ」と思ったときにすぐ英語に変換できますか?

 

言い方はたくさんあると思いますが、例えば"I need to confirm tomorrow's schedule"とかですかね。

 

"Comfirm"は「確認する」という単語で、ビジネスでの会話でも頻出です・・・など、一つ一つのアウトプット量はとても小さいですが、小さい積み重ねだけど毎日繰り返していればいずれ大きな知識となります。「塵も積もれば山となる」ですね。

 

アイデア② 一人プレゼン

 

f:id:zawazawamn:20180413202641p:plain

 

ちょっとハードルが高く聞こえますが、英語でプレゼンするのもいいアウトプット方法。

 

内容はなんでもいいですし、小難しい表現もいりません。声に出して英語を話すことが重要です。頭の中で考えていることを言語化するトレーニングとしても効果的。

もちろんパッと出てくる言葉もあれば、どうやって英語で言えばわからないと悩むこともあります。

例えば僕の場合は「今日の振り返り」を誰かが聞いているつもりでベラベラと一人話し始めます。

何時に起きて、こんな仕事をして、こんなことを思って・・・全部英語で吐き出してみましょう。たまに表現がわからなくて言いよどむこともありますよね。

 

わからない表現はすぐスマホで調べて、Evernoteなどにメモしておくといい感じ。自分だけのためのオリジナルの単語帳を作ってしまいましょう。

 

しかも「自分が考えていることを誰かに伝えるつもりで英語を話すと」普段出てこない単語を頭の隅っこから引き出せたりします。さらに普段あまり英語で話さないようなトピックを選ぶと、自分に馴染みのない語彙を認識できるのでボキャブラリーを増やすことができますね。もちろん趣味について話してみるのも良いと思います。

 

TEDのプレゼンターみたいなイメージで、ドヤ顔で話していると結構気分いいです。誰かに見られると、異常に恥ずかしいので注意。

 

www.ted.com

 

一人になる時間が取れない!という方もいるかと思います。

そんなあなたには「お風呂に入っているとき」に英語を話すのがオススメ。

誰かに聞かれたら気恥ずかしい、一人じゃないと集中できない、という悩みもシャワー中に英語を話せば解決です。

 

関連記事 です。

非ネイティブの僕らが、お風呂で英語のスピーキングを練習するべき理由

 

アイデア③ 一人ロープレ

 

f:id:zawazawamn:20180413202644p:plain

アパレルの接客トレーニングや営業の研修などでよくあるロープレ。

架空のシチュエーションで参加者が与えられた役割をこなしながら、実戦にできるだけ近い環境の中で対応を学ぶアレです。

 

英会話スクールでも「ミーティングの参加するとき」「子会社からやってくる人たちの対応」「電話対応」など、いろんなシチュエーションを仮定しながら使えるフレーズを学びます。

もし誰か相手を見つけられないのであれば、一人二役でロープレしてしまえばいいよね、という話です。

 

僕が実際にやっているロープレを例にとります。

個人的に「電話対応」が苦手だったので、ありがちな流れを「電話をかけてくる人」と「電話を受ける人」の一人二役で再現します。

 

Hello, this is sleepyhead from ABC company, May I speak with Mr.Ken?

ABCカンパニーのSleepyheadです。ケンさんはいらっしゃいますか?

 

Yes, may I put you on hold please?

はい、少々お待ちくださいませ。

 

"May I speak with ~"(~様はいらっしゃいますか?)的な「お決まり」のフレーズから始まり、「売上状況を確認するために子会社に電話する」や「来週のミーティング日程を調整するために電話する」など、シチュエーションの幅を広げていきます

実際に「電話をかける・受ける」状況を頭に思い浮かべながら英語を話すことで、一人でもアウトプットの効力はかなり上がります。

もちろん2役こなすので求められる英語力もそれなりに高いかもしれませんが、得られる効果も2倍。もし仕事で英語を使うのであれば、ロープレは実際の環境を意識したいい練習になります。

 

 

最後に

 

「一人でもできるアウトプットのアイディア」をご紹介してきました。

今回は「話す」ことにフォーカスした内容。一人でも何か部屋の壁に向かって話すだけでも効果は大きいと感じています。

僕もご紹介したアウトプットを実践している最中ではありますが感じることがあります。「英語を話せるようになりたいのであれば毎日声に出して英語を話すこと」は大事。

「ただの知識」を「使いこなせるツール」にアップデートするには、ひたすら根気強く使い続けるしかありません。

一人の時間を使って少しずつアウトプットして英語を「使いこなせるツール」まで磨き上げましょう。

 

英語を使う場面が限られていてアウトプットできてない・・・とお悩みなら、今回ご紹介したアイデアを参考にしていただければ幸いです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ツイッターで情報発信していますのでフォローお願いします→@SleepyHead_blog

 

 

英語学習に興味があるあなたにおすすめ

 

もし英語学習に興味があればぜひこちらの記事も読んでみてください。

 

【英語】DMM英会話を始めて1ヶ月。レッスンを受けて感じたこと、やってみた工夫をまとめた。

 

独学で英語を身につけた新井リオさんから英会話レッスンアプリ「フラミンゴ」で学べること。

 

英会話レッスンアプリのフラミンゴがとても良いのでオススメしたい 

 

【英語】TOEICリスニング満点で900点取った僕が教えるリスニング力を高める方法