sleepyhead

ファッション/音楽/英語について書いていきます。

洋楽好きじゃ無くても聴いて欲しい。音楽とルックスどちらも最高なガールズバンド5選

f:id:zawazawamn:20180407230817p:plain

 

こんにちは、Sleepy head(@SleepyHead_blog)です。

 

やっぱり、みんななんだかんだ言ってみても、可愛い女の子好きだと思うんですよね。

さらに音楽まで作れて、曲もかっこいい・可愛いければもう言うことありません。

そんな「独断と偏見でピックアップしたガールズバンドとシンガーソングライター」関する記事を去年書きました。

 

可愛いし音楽も最高。チェックすべき女性ガールズバンド・シンガーソングライター10選 - sleepyhead

 

今回はこの記事の続編です。2017年初頭あたりから、ガールズバンドの勢いが加速しています。世界中で才能と器量を兼ね備えたミュージシャンが次々出てきています。

「アナタが死ぬ前までに訪れるべき魅力的な世界のレコード店 27選」に選ばれた大阪のFlake Records店主、和田さんも記事にしています。やはりアメリカのガールズバンド・シンガーソングライターのシーンは年々盛り上がりを見せていますね。

 

もちろんルックスだけ良い、だとミュージシャンとして不十分です。音楽が主軸にあり、琴線に触れる素晴らしい曲を作っていることが前提条件。

しかし!ルックスが好みで聴いみたら、曲も引けを取らないぐらいよかった・・・なんてこともあるかもしれません。

 

今回の記事では「ルックスだけではない、音楽のクオリティーが抜群に高い」アメリカのガールズバンドをご紹介します。

 

①Soccer Mommy (サッカーマミー)

 

www.youtube.com

 

アメリカのナッシュビル出身(エルビス・プレスリーと同じですね)のSophia Allison(ソフィア・アリソン)のプロジェクトであるSoccer Mommy。若干20歳。

アメリカの音楽メディアとしては最も権威のあるとも言えるPitchforkの3月のベストミュージックビデオ7選にも選ばられていた"Cool"という曲が最高です。パステルカラーで全体を仕上げている、春を感じる可愛らしいビデオ。

 

The 7 Best Videos of March 2018 | Pitchfork

 

4ピースの構成でギターとベース、ドラムと歌というシンプルな構成でDIYの精神を感じさせる曲調。悪く言えば淡々としているけれど、一方でソフィアの透明感のある歌の存在感を際立たせています。

 もしWEEZERが好きならきっとハマります。メロディーのちょっと弱虫な物悲しさはそのままWEEZERの曲になってしまうのでは?と思うぐらい。初めてSoccer Mommy聞いた時にはこのバディーホリーを思い出しました。

 

www.youtube.com

 

ルックスはアブリルラヴィーンに影響受けたようなパンク感がバリバリです。

初めて買ったCDが「アブリルラヴィーンのアルバム」とインタビューで語っていたのも伺えますね。

 

 

hey everyone, we'll be performing live on @kexp at 12pm pt today!

✨ soccer mommy ✨さん(@soccermommyband)がシェアした投稿 -

 

 

②Hatchie(ハッチー)

 

www.youtube.com

 

オーストラリアのインディーバンド、Babaganouj (バブガニューシュ)のベースボーカルであるHarriette Pilbeam(ハリエット・ピルビーム)のソロプロジェクトであるHatchie(ハッチー)。高校卒業後のバンドを始めたおり、24歳の若い才能。ハッチーは子供の頃からのあだ名。

 

キラキラとしたシンセをアクセントにした、ポップで楽しい曲に仕上がっています朝出社前に聞いて通勤したら元気出そう。

Kylie Minogue(カイリーミノーグ)やThe Strokes(ザ・ストロークス)などの影響を受けているとインタビューでも語る通り。彼女の楽曲からは、シンセや打ち込みを使ったポップと、ギターロックのインスピレーションを感じます。

小難しいテクニックや難解なフレーズなどは無く、どストレートにポップ。

 

www.youtube.com

 

音楽はもちろんハッチー自身も当然美しいです。リッケンバッカー(このタイプのギターの名前です)が非常に似合っていますね。

 

 

 

 3 Petal (ペタル)

 

www.youtube.com

 

アメリカのペンシルバニアはスクラトン出身のシンガーソングライターKiley Lotz(カイリー・ロッツ)のソロプロジェクト、Petal(ペタル)

ブロードウェイで舞台女優(!?)として活動しながら、Petalのヴォーカルとしても活躍する多才な女性です。

これまで紹介したミュージシャンはポップさやシンセの浮遊感が魅力的でしたが、Petalは王道のロック、といったところでしょうか。

歪んだギターをかき鳴らし、声を張り、サビのメロディーはエモい。ライブハウス映えするバンドですね。

舞台女優というだけあってめっちゃ綺麗です。これでこんな力強くてエモいギターロックやられたら反則です。 早く日本に欲しい。

 

 

 

4 Japanese Breakfast (ジャパニーズブレックファスト)

 

www.youtube.com

 

韓国系アメリカ人のミシェル・ザウナーのソロプロジェクト、Japanese Breakfast(ジャパニーズ・ブレックファスト)

韓国系なのにJapanese Breakfast、と不思議な名前ですが「Japaneseという言葉に海外な雰囲気を感じ、Breakfastにはアメリカ的な印象を持っていて、その組み合わせが面白いと思ったから」だそう。

可愛らしい声と、そのポップでバリエーション豊かなジャンルレスな楽曲、そして芯の強いヴォーカルが最高です。

特に今回紹介している"Everybody Wants To Love"はライブ映えする勢いのある曲。ライブ会場全員がサビを合唱してしまいそうな、惹きつける力がりますね。去年来日ツアーあったのですが、行き損ねました。めちゃくちゃライブが良かったみたいで公開しています・・・

 

日本にはなかなかいないパンクな精神と、セクシーさが同居しているような雰囲気。ほんといい曲書くし、ルックスも最高です。

 

 

 5 Caloline Rose (キャロライン・ローズ)

 

www.youtube.com

 

アメリカはニューヨークを拠点に活動するシンガーソングライターであるCaroline Rose(キャロライン・ローズ)

赤いアディダスのジャージにヘッドバンド、口には大量のタバコを突っ込んで火をつけようとしているジャケットがインパクト大な"LONER"を2月にリリースしています。

 

 

SPIN IT! SHARE IT! STEAL IT! BUY IT! BOP IT! PULL IT! TWIST IT! LONER IS OUT!!!!!

Caroline Roseさん(@carolinerosemuzak)がシェアした投稿 -

 

上で紹介しているSoul. No.5のようなガレージロック的な勢いのあるギターサウンドから、落ち着いたテンションで上品に歌い上げるGetting to meのような曲まで、同じアルバムの中に様々なテイストの曲を盛り込んでいます。

楽曲の幅広さから彼女の才能をうかがい知ることができますね。

 

www.youtube.com

 

 ルックスもいい感じ。元気でパワフルな雰囲気が写真からも伝わってきます。

 

 

 まとめ

 

ここ1年ぐらいで、クオリティーが抜群に高いインディーガールズバンドやシンガーソングライターがドシドシ出てきています。

正直ここでは紹介しきれないぐらい、多様なジャンルで女性の活躍が目立っているなぁ・・・と強く感じます。

 

 

最近のアメリカのオルタナティブ女性シンガーソングライターについて思うこと - SMASHWEST.COM

 

曲の良さはもちろん、そのルックスが音楽を広める武器になればいいなと思いつつ、ぜひちょっとでも興味があればYouTubeなり、Apple Musicなりで聴いてみてください。

 

紹介したバンドをプレイリストにまとめてみました。

 

 

是非とも聴いて欲しいバンドだけ紹介しました。感想とともにシェアいただけたりすると泣いて喜びます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

今イケてる音楽が知りたい!と思うあなた、ツイッターで情報発信していますのでフォローお願いします→@SleepyHead_blog

 

 

過去のMusic Headsはこちら

 

イイ音楽を紹介するシリーズ。この記事のガールズバンドに興味があるなら、特にMen I Trustがオススメです。

 

Vol.1 【Music Heads】なんでこんなにノスタルジックなんだろう。カナダのダンスポップ3人組Men I Trust(メンアイトラスト) 

 

踊りたい・テンション上げていきたいあなたに

Vol.2 【Music Heads Vol.2】踊れる80'sエレクトロ、でもバンドサウンド。ドイツのプロデューサRoosevelt(ルーズヴェルト)

 

おしゃれな音楽が聴きたいあなたに

Vol.3 【Music Heads Vol.3】超絶技巧なミニマルファンクバンド、VULFPECK(ヴルフペック)

 

飲んだ帰り道のエモさが欲しいあなたに

Vol.4【Music Heads Vol.4】酔い覚ましの散歩中に聴くとエモい。Tame Impala(テーム・インパラ) 

 

新しいチャレンジが待っているあなたに

【Music Heads Vol.5】この春、新しい環境に飛び込むあなたに送る。吉井和哉「ビルマニア」

 

ポップなガールズバンドが聴きたいあなたに

【Music Heads Vol.6】可愛い、だけじゃない。3ピースガールズバンドLucie,Too - sleepyhead