sleepyhead

ファッション/音楽/英語について書いていきます。

3月の新譜を振り返り。特にオススメしたい楽曲を5つピックアップしました。

f:id:zawazawamn:20180404184610p:plain

 

こんにちは、Sleepy head(@SleepyHead_blog)です。

 

今回は3月にリリースされた新譜から、特にかっこいい曲を5つピックアップしました。

 

2018年、まだ3ヶ月しか経っていませんが、すでに新旧問わず良い音楽がリリースされています。当たり前ですが、リリースされた全ての音源をまるまる全部聴くことはできないわけです。

 

しかし、忙しくって音楽を聴いてる時間も余裕もないあなたも、何聞けばいいのかちょっとよくわかんないあなたも、この記事を読んでいただければ「今これを抑えておけば音楽をちょっと深く楽しめる+何が今イケてるのか」を理解していただく助けになるかと思います。

 

1. ZHU & Tame Impala(ズー & テームインパラ) "My Life"

 

www.youtube.com

 

アメリカのハウスミュージックを扱うプロデューサーであるZHU(ズー)と、当ブログでも何度かご紹介したオーストラリアのサイケバンドTame Impala(テームインパラ)のコラボレーション。

Tame Impalaのフロントマンであるケヴィン・パーカーがヴォーカルを務め、ZHUのミニマルなサウンドにふわっとした余韻がある歌声を乗せています。

ハウスやダンスミュージックにルーツを持つZHUならではの、終始落ち着いたトーンながらも、自然に体が揺れるダンサブルなトラック。

踊れるからといってEDM的なごちゃごちゃ感はなく、非常にミニマリスト的なスッキリした印象を持つと思います。この曲がリリースされてから、僕はこの"My Life"をブログ執筆BGM時のプレイリストにも追加していました。集中を邪魔しないので作業BGMに組み込みといいかもしれません。

  

 

2. Phum Viphurit(プム・ヴィプリット) "Lover Boy"

 

www.youtube.com

 

タイのシンガーソングライターPhum Viphuritの新譜 "Lover Boy"、個人的にはタイで一番イケてるシティーボーイと呼んでいます。

その爽やかでキャッチーなメロディーは「日曜日の午後に散歩に出かけたい!」という気持ちにさせてくれます。

ニュージーランドで育ち、その後タイに戻ってきた経緯があるため、英語の発音が美しいのもポイントです。

 

正直日本以外のアジアの音楽は、未だ日本において市民権を得るまでには至っていませんが、非常に良質なポップやロックバンドがたくさん活動しているんですよ。

このブログでも今後アジアのいけてるバンド特集をやってみたいな、と思っています。

  

 

3. Snail Mail(スネイルメール) "Pristine"

 

www.youtube.com

 

アメリカの18歳のシンガーソングライターであるSnail Mailのデビューアルバム"Lush"から先行リリースされた楽曲"Pristine"

「これで18歳なの?」と驚く深みとちょっとした渋さがある歌声が、ギターポップに乗っかるとこんなに気持ちいいのか!と感動させられました。

昨今のストリーミング配信サービスの影響でわかりやすいサビや、フックになるメロディーがアーティストに求められ曲自体がどんどん短くなる中、インディーなギターポップには珍しく5分ほどの長さ。平坦といえば平坦ながらも、曲の展開と歌で聴かせるタイプという感じ。

さっきのPhum Viphuritと同じく「日曜日の午後感」が強く、歩くスピードにリズムが程よく合います。僕が散歩が好きで、歩くスピードと周りの気温、風景と合う音楽(人によって完成はバラバラですが)ばかり集めてしまうクセがあるようです。

  

 

4. The Shacks(ザ・シャックス) "Follow Me"

 

www.youtube.com

 

去年iPhone8 PlusのCMに起用された、レトロでメロウな3ピースバンドThe Shacksの新譜である"Follow Me"

このサムネイルに移るかわいいショートヘアの女性がベースボーカル。個人的な趣向ですが、ベースボーカルって大好きです。口から出る歌声と、両手で弾くベースのリズムなんて全く別物なのになんで同時に演奏できるのだろう・・・?といつも思います。

  

 

5. Abert Hammond Jr. (アルバートハモンドジュニア)"Set To Attack"

 

www.youtube.com

 

先月の記事でも紹介したストロークスのギタリスト、Abert Hammond Jr.(アルバートハモンドジュニア)のソロプロジェクト。

アルバムの発売に伴い、新しく公開されたミュージックビデオの"Set To Attack"は、哀愁漂うギターリフとメロディーがいい感じ。

前の記事で紹介したプレイリストの「酔い覚まし/チルアウト」に追加したいような緩やかな泣きメロもたまりません。アルバートの声ってなんだか涙を誘うんですよね。

  

 

最後に

 

ギターポップが気持ちいい3月の選曲となりました。

ZHU & Tame Impalaだけテイストが違いましたが、こちらは是非作業BGMに取り入れてみてください、集中力を遮らないミニマルっぷりがブログ執筆にぴったりなこと請け合いです。

 

今回紹介したバンドをプレイリストにまとめてみたので、よかったら一度聴いてみてください。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

今イケてる音楽が知りたい!と思うあなた、ツイッターで情報発信していますのでフォローお願いします→@SleepyHead_blog

 

 

過去のMusic Headsはこちら

 

イイ音楽を紹介するシリーズ。もし吉井和哉を気に入っていただけたらこちらの記事も読んでみていただけると嬉しいです。

 

Vol.1 【Music Heads】なんでこんなにノスタルジックなんだろう。カナダのダンスポップ3人組Men I Trust(メンアイトラスト) 

 

踊りたい・テンション上げていきたいあなたに

Vol.2 【Music Heads Vol.2】踊れる80'sエレクトロ、でもバンドサウンド。ドイツのプロデューサRoosevelt(ルーズヴェルト)

 

おしゃれな音楽が聴きたいあなたに

Vol.3 【Music Heads Vol.3】超絶技巧なミニマルファンクバンド、VULFPECK(ヴルフペック)

 

飲んだ帰り道のエモさが欲しいあなたに

Vol.4【Music Heads Vol.4】酔い覚ましの散歩中に聴くとエモい。Tame Impala(テーム・インパラ) 

 

新しいチャレンジが待っているあなたに

【Music Heads Vol.5】この春、新しい環境に飛び込むあなたに送る。吉井和哉「ビルマニア」

 

ポップなガールズバンドが聴きたいあなたに

【Music Heads Vol.6】可愛い、だけじゃない。3ピースガールズバンドLucie,Too - sleepyhead