sleepyhead

ファッション/音楽/英語について書いていきます。

「後戻りしない」覚悟はいらない。必要なのは「いつでも撤回する覚悟」

f:id:zawazawamn:20171124204431p:plain

 

こんにちは、Sleepy head(@SleepyHead_blog)です。

 

今日は「覚悟を決める」という言葉に感じる違和感を言語化します。

 

「覚悟を決める」という言葉にどんなイメージを持ちますか?

 

・何かを諦めずに取り組むための心構え

・大事な決断の前の心の準備

・悪いことが起こったとしても受け入れる準備

 

というようなイメージを持っているのではないでしょうか。

特に「諦めずに物事に取り組む」ための心の準備という意味合いが強いのかな、と感じます。

 

「進学先の大学に合格する可能性が低い。でもどうしても入りたい。」

「難しいけど覚悟を決めて勉強するぞ!」

 

と、いうような「後戻りできない可能性を引き受ける心の準備」という文脈で使われる言葉のはずです。

きっとあなたの認識もこれに近いのではないでしょうか。

 

しかし、僕らが決めなければならない覚悟は「一か八か、危ない橋を渡る」ために決めるようなものなのでしょうか。

むしろ「危ない橋を渡らず、安全な橋を一から探す決断をいつでも取る準備をしておく」覚悟が必要です。

 

コンコルドの誤り

「危ない橋から引き返す覚悟」とは「サンクコストをさっさと切ることができる」ことです。

 

いくら払ったところで見返りや成功の可能性がないけど、今まで頑張ってきたんだし・・・と諦めきれずダラダラ続けてしまうこと。

そこに費やされるお金や時間のことをサンクコストと言いますよね。

 

作れば作るほど赤字なのに、それまで費やした研究や開発の費用や時間を切り捨てられず作り続けられた「コンコルド」という巨大旅客機の商業的失敗から、こう言ったサンクコストを表現するときには「コンコルドの誤り」と言われいます。

 

「いつまでも続けて頑張る」覚悟を決めた場合、サンクコストが切りづらくなります。

 

サンクコストを無視するための心構え

覚悟を決めて物事にしがみつくことで、いつか結果が出ることだってあります。

努力を続けることは、成功するための絶対条件だと思います。

僕自身、日本にいながら英語を話せるようになるために1年ほど勉強してきましたが、なんとか少しづつ形になりつつあります。

 

しかし、努力を費やすと決めたものがあなたにあっていなければどうなるでしょうか。

どうやっても営業が苦手だとわかりながら、客前で饒舌に話せる交渉術を身につける努力を続けるべきでしょうか。

真面目な人はきっと「頑張ればきっとうまくなる、今は諦める時ではない」と努力を続けていくでしょう。

「後戻りしない覚悟」を決めた場合、努力を積み重ねることはできると思いますが、最も効果的な時間の使い方とは限りません。

もしかするとデザイナーやプログラマーが向いているかもしれませんし、営業じゃなくて企画が性格にあっているかもしれません。

 

今の世の中、ブラック企業もたくさんありますし、転職も活発になりつつあります。

 

特に仕事の話になりますが、続けることは簡単です。

やめるためには、続けるために使うエネルギーの5倍は必要です、きっと。

惰性や安定が足かせになり、苦しくてもやめない覚悟を決めたのなら、可能性を自分がから積んでいく行為でしかありません。

どこかで損切りができるように「いつでも引き返してもいい」覚悟こそ、僕らが持っておくべき心構えなのではないでしょうか。

 

撤回を繰り返した後に見つけた自分に合うものを大切にする

いつまでも撤回し続けていいわけではありません。

撤回を繰り返しているうちに、どこかで自分がぴったりハマるものが見つかるはずです。

僕の場合は英語と音楽、そしてブログです(まだ始めて間もないですが)

たくさんチャレンジしてきました。スポーツやバンド活動、ボランティアやファッションなど、幅広くちょっとづつ手を伸ばした結果、今に至ります。

 

他人がどう思おうと、あなたがぴったりくるものならなんでも良いのです。

自分はダサいしスタイルも良くないからファッションに手を出すなんてできないよ・・・と周りがどう反応するかを気にしているより、とりあえず何も考えずに服を何着か買ってみる、着てみる、どう感じるか試してみる方がよいです。

 

ダメだったら止めればいいし、しっくりきたならそのままファッションを好きになればいい。

 

「後戻りしない」覚悟を決めて気負う必要はなく、むしろ「いつでも撤回していい覚悟」を持つことでチャレンジするハードルもぐっと下がります。

 

まとめ

覚悟にまつわるお話でした。

これは今の自分に向けた文章でもあります。

サンクコストをきるタイミングに差し掛かっているのだけど、やっぱり気になってやめられないことがありモヤモヤしていました。

きっと僕みたいなモヤモヤを抱えている人もいると思います。

 

今までの覚悟は捨てて、新しい「軽めな覚悟」に切り替えましょう。

 

では。