非ネイティブの僕らが、お風呂で英語のスピーキングを練習するべき理由

こんにちは、Sleepy head(@SleepyHead_blog)です。

英語を勉強しているとき、特にスピーキングを鍛えたいときに一番困るのは「実際に英語を使う機会」を作ることです。

英会話スクールに通ったり、フラミンゴなどの英会話レッスンアプリを使ってみるのも良いですが、もちろんお金がかかります。費用面がネックになる、そんな負担をかけられない人もいますよね。

僕自身、英会話スクールもフラミンゴも使って英語を話せるように日々勉強中ですが、やっぱろそれだけじゃ足りない。いわゆる非ネイティブ、純ジャパニーズです。

特に留学経験があるわけではないですし、海外に住んでいたわけではないので、日本語脳から英語脳に切り替えるトレーニングが必要なのです。

同じような状況にいる人は、「英語を話す・アウトプットするチャンス」を作るために頭を使っていると思います。そして日本に住んでいる限り、英語を話す必要がないので話す機会を作り出すこと自体が非常に難しい。

そこで、僕が普段やっている、一人でも出来るスピーキングの練習方法をまとめていきたいと思います。

お風呂に入っている間の10分間プレゼンテーション

英語を勉強したての人の課題として「英語を人前で話すのが恥ずかしい」という気持ちがあるかと思います。僕も最初は周りの目が気になりうまく話せなかった記憶があります。

そこで、一人になれる空間である「お風呂」でプレゼンをしてみることをおすすめします。

Mayuko & Kaeko👯(@thetruescents)さんのツイートを見て、英語を話せる人はお風呂プレゼンを実践しているのだと思いました・・・!

プレゼンでなくても、僕の場合は・・・

その日あったことを英語で振り返る(何時に起きて、何を食べて、どんな仕事をして・・・)

特定のシチュエーションの練習をする(電話でクライアントとプロモーションについて話す、ミーティングを仕切る・・・)

自分が考えていることや悩みを英語で吐き出す(仕事や人間関係の悩みなど・・・)

といったようなことを毎日お風呂で取り組んでいます。

毎日だいたい10分ぐらいを目安に、一人話しています。

お風呂でスピーキングを練習する理由

「なんでお風呂なの??」「別に部屋でも出来るやん!!」と思われると思います。

その通りなのですが、僕がわざわざお風呂で英語をスピーキングを練習するのは理由があります。

1. 完全に一人になれる

一人になれる空間って、一人暮らしなら家の中にいる限り常に一人ですが、実家に住む人など、一人になりづらい環境の人には意外と難しい。

英語を話す相手がいれば完璧ですが、そうでなければ一人で延々話し続けることになるので一人になる必要があります。端から見れば変人なので。(笑)

2.場所を決めることで、日本語から英語への切り替えしやすい

お風呂に入った瞬間に頭が英語モードに切り替わるようになります。

お風呂=英語という方程式が頭の中で完成し、習慣化しやすいと言えると思います。

3.他にすることがない

防水のスマホやスピーカーなどもありますが、基本的にお風呂ってシャワー浴びたり湯船に浸かる以外にやることがありません。

ブログ書けないし、ツイッターも出来ないし、英語を話すことは道具を必要としないので集中しやすいと言えると思います。

わからなくてもひたすら話す!

一人でお風呂に入るわけなので、誰もあなたのミスを指摘する人はいません。

これは一長一短ありますが、わからなくても英語で考え、英語で吐き出すことを続けることで、自分の癖や、困ったときに使ってしまうフレーズ、など自分の英語の特徴がわかります。(You know…やKind of…ばかり使ってしまうの僕のくせです・・・)

例えば。

「あーー「我慢する」ってなんていうんだっけ・・・?」とお風呂の中で分からなければ、一旦飛ばして話し続けます。

そのあと調べて「put up with」「stand」と言えばいいんだ!と分からないところを解決すればいいわけです。

そして、分からなかった単語は次の日のお風呂のスピーキングタイムや、その他のシチュエーションで使うことで頭の中に残りやすくなります。

意外と日常を振り返ると、それを表現するためには多種多様な語彙が求められます。

例えば、こないだど忘れした「単なる興味で・・・」は「Just out of curiousity」でしたし、「弁護士」は「Lawyer」以外に「Attorney」と言ったりするのは、「Netflixで弁護士ドラマを見て英語を勉強した」ということを英語で話していたときに分からなかったことです。

sleepyhead.hatenablog.com

自分のボキャブラリーを増やすにもいいトレーニングです。

まとめ

お風呂で英語のトレーニング。毎日10分でいいので続けていると、徐々に英語脳に切り替わるのを感じることができます。

もちろん、このお風呂でのトレーニングだけでは英語がうまくなるわけではありません。他のトレーニング方法との組み合わせでさらに活きてくる勉強方法です。

英会話スクールの復習をお風呂で行う、プレゼンの練習をやってみる、など、自身の環境に合わせて組み合わせを考えてみると良いと思います。

今話せるようになったけど、普段英語を使う機会があまりないから、英語力をキープするトレーニングとしても良いかもしれません。

では。