sleepyhead

ファッション/音楽/英語について書いていきます。

心が折れて落ち込んでいる人に伝えたいたった一つのこと

f:id:zawazawamn:20171014113434p:plain

 

こんにちは、Sleepy head(@SleepyHead_blog)です。

 

仕事で大失敗した、恋人と別れた、ブログを続けていきたいけど途中で諦めてしまう、など「心が折れてしまう」ことってありますよね。

努力を続ける気力を失って、何もかも投げ出したくなるような気持ちになって、今まで取り組んでいたことをやめてしまう、とも言えると思います。

 

実際、つい半年前、僕自身も仕事で大失敗をかましてしてしまい、降格を言い渡されて、つまらない仕事をやらざるを得なくなったことがありますが、完全に心が折れていました。

簡単にいうと、僕はアパレル企業で営業として働いているのですが、海外での展示会開催の際に、英語がうまく話せずにコミュニケーション不足になり、大事な展示会運営で不手際が色々起こり、クライアントにも社内の人にもボコボコに怒られて、自分の無能さを思い知ったのです

 

今までは仕事に全力を注いでいたにもかかわらず、その大失敗をきっかけにすべてが変わってしまい、取り組む仕事すべてがつまらないことに感じるようになりました。

 

僕がその大失敗から学んだこと、それは

 

折れない心はない。心は折れるもの、という前提で物事に取り組むこと。

そうすれば必要以上に落ち込むこともなく復活するスピードが早くなる。

 

ということです。

 

 

心は簡単に折れる

 

気持ちも持ち方、それぞれのメンタルの状態など次第では結構簡単に折れます。

ブログだって、書きたいことが全然出てこないような状態が数日続いたとしたらきっと心が軽く折れます。あぁなんで何にも出てこないのか、書きたいのに。

仕事のミスだって小さいことが続けば少しずつ心を蝕んでいきます。

数日間ブログのネタが浮かばなかっただけでなんで書くのをやめてしまったんだ、という後悔が生まれ、余計にブログから遠ざかり、心が折れっぱなしで挫折。

 

なんてことって意外に起こりうることだと思います。

実際昔別のブログを運営していた時に起こったことです。

仕事で大失敗した時だってバッキバキに折れてしまい、もうここで働くのはもう無理かもしれない・・・と思いました。

 

「いやいや!簡単に折れすぎでしょ!」

 

と感じる方もいると思いますが、そんなもんです。

もし「心は折れない!折らずに頑張る!折れたら負け!」みたいな崖っぷち価値観を持っているなら、心は案外簡単に折れてしまうのです。

 

 

心は折れていい

 

折れない心!強いメンタル!弱さに負けない!みたいなマッチョな価値観は案外あなたの心の中に無意識に刷り込まれているのではないしょうか。

 

メンタルが強いことと、タフにふるまうこととは違う。

メンタルが強い人がやめた13の習慣

 

 

でもそういった前提を持って仕事に取り組む、ブログを書くから心が折れて、最悪立ち直ることができなくなってしまう、と感じます。

心を強く立てようとすればするほど、どうしようもなく脆くなります。

そりゃ仕事うまくいってないんだから落ち込んで当たり前だよね、まぁちょっと休んでまた頑張ろうかな、ってぐらいがちょうど良いのではないでしょうか。

ポイントは、自分や他人からのプレッシャーを深刻に捉えすぎず、当たり前のこととして受け入れる、と言えると思います。

周りになんと言われても、仕事のミスで死ぬわけじゃないし、クビにされたわけでもないからお給料もらって生活していけてるし、挽回のチャンスはあるわけです。

 

批判に神経質になる。批判を評価する力を失い、他人のどんな言葉も深刻に受けとめる。他人の言葉に、必要以上に大きな力を与えるようになる。メンタルが強い人がやめた13の習慣

 

「深刻に捉えすぎる」ことは、生真面目な人に起こりがちです。

気楽にいきていきましょう、ほんと。

 

 

リカバリーが大事

 

世間の人がいう「心が強い・メンタルが強い」折れかけた心を周りに悟られないようにリカバーできる人の精神状態を指すのではないか、と感じます。

ほんとは辛いけど、その対処の仕方や、折れてしまった心を立ち直らせるスピードが早い人。

今、メンタルが弱いと感じている人も「折れてしまうのは当たり前のこと。立ち直るまでのスピードを上げていくことが大事」と考えることで、ちょっと気がラクになれるんじゃないでしょうか。

 

そのためには「自分のペース」をなるだけ崩さないことが大事です。

仕事やプライベート、人間関係、人生のすべての面で自分の希望ややりたいことやりたくないことに正直になる必要があります。

特にメンタルが弱っている時って、他の人に流されて大事な決断をしてしまったり、逆に誰にも相談せずに大事なことを勢いで決めてしまったりします。

自分の心をしっかり守りながら、時間をかけて心が本調子に戻るような環境を整えていくことも頭の中に入れておきたいですね。

 

折れてしまうのは当たり前。その後復活するまでの時間が少なければ少なほど良い。

そのスピードが早い人こそ「メンタルの強い人」と呼べると思います。

 

まとめ

 

今回伝えたかったことは

 

・心は簡単に折れる、気持ちの持ち方次第では

・折れて当たり前だから、深刻にならない

リカバリーのスピードが一番大事

 

と、いうことでした。

 

実際僕もメンタル弱めの人間ではあるので、深刻に捉えすぎたりして必要以上に落ち込んで立ち直れなくなったこともありました。

折れない、折れちゃいけないと思っていては、きっと復活させるのは結構大変です。

 

心は折れちゃう、という前提を飲み込んで物事に取り組むだけでもだいぶ違います。

ブログも今の所2ヶ月ほどゆるゆる続けられていますし、自分のペースを守って自分のメンタルを大事にしながら頑張りたいですね。

 

では。