荒削り感がエモい Awesome City Club “Children (DEMO Ver.)

Awesome City Club "children"(DEMO ver.)

Awesome City Clubって、もはや日本の音楽シーンの真ん中を陣取る主役みたいなバンドだ。今年のフジロックにも参加していたのも記憶に新しい。素晴らしいパフォーマンスを見た人も多いはず。

最近知った人は今のメンバーに馴染みがあるはず。atagiPorinの男女混声ツインボーカルで、いわゆる「シティーポップ」の最前線のバンドという印象。

もちろんそれは正しい。PorinAwsome City Clubの特徴を作り出しているし、それが魅力の一つだ。でもPorinは途中から加入したメンバー。実はYouTubeには初期の初期にアップされた楽曲のMVが上がっている。Porin加入前の”Children“のデモバージョンだ。

手作り感あるMVと初期衝動

このMVが作られた時にはPorinはまだAwsome City Clubには加入していない。ただ、MVに出演したモデルというポジションだった。

もちろん歌はギターボーカルのatagiだけ。Porin加入後に再録されたテイクに慣れていると「物足りない」感が否めないと思う。歌声のクリアさやギターのカッティング、シンセサイザーのアレンジ、曲全体の構成などがプロデューサーを通して練られたサウンドからはもちろんほど遠い。

しかしこれはこれで「初期の荒削り感」があって良い。若い世代を中心に圧倒的な指示を得て、単なるインディーバンドの枠を超えたバンドでも、こういう時期があったのか、と。

とはいえ、どちらのバージョンにしても「ポップセンス」がずば抜けているのは変わりない。サビのメロディーを聞けば気分が上がるし、明るい気持ちになれる。多くの人の耳に馴染むであろうメロディーセンスと、それを支えるバンド。リズム隊の安定感もずっしりしていて、ギターも小技が効いている。

さっぱりです🧚‍♀️

PORINさん(@ppporin)がシェアした投稿 –

まぁごちゃごちゃと音楽について書いてはみたけど、このMVのPorinめっちゃ可愛いから一回観てみて。ほんと。

Awesome City Club好きならLuby Sparksも聴いてみてね

Luby Sparks(ルビースパークス) “Tangerine”

男女混声バンドならLuby Sparksが個人的に一番アツい。よりインディーロック感強い音楽が好きならLuby Sparksの方が馴染みかも。